*

タイの国の訃報

 10月13日、タイのプミポン国王が亡くなったというニュースを受けました。

 その少し前から、前からの病状が相当悪化していることが世界の大きな関心事になっており、その回復が大きく期待されており私も是非治って欲しいなと思っていました。しかし結局そうならず「ついに」という感じでした。病院では回復を願う多くのタイ国民にずっと取り囲まれていることが報じられてきていただけになおさらです。やはり70年も国王として君臨していたので愛着も高かったからだなあと思いました。

 亡くなった後、タイでは観光やイベントが自粛され旅行業界、古着買取業界などもお客さんが減少し、経済にも影響が出てくるのではとの記事にも目が留まりました。こうした流れに沿い、世界各国、さらにはタイと親交の深い国である日本の経済にも影響が出るのではとも心配になりました。人はいずれは必ず死ぬとは言え、こういう政治上の大人物の場合はここまで影響あるのだなということに初めて気付きました。

 この後、国王を追悼したいということで地方から訪れる人がとても多いということを知りました。人々にこれだけ慕われていたということをさらに強く実感した次第です。

私の古着買取も今日は止めて騒動が収まっていから行いたいと思います。↓
古着買取ランキング2016



コメントする